知っておいて損害はない!不動産査定雑学:原価法は

不動産査定のテクニックには、「原価法」「功績フィードバック法」「契約事実検討法」の三つがあります。
これらの不動産査定の方法の一部、原価法は「再持続原価」をベースに「減価補正」を通して見積もりを決定するという、不動産査定まずは定番のテクニックだ。
再持続原価は、おんなじ不動産を買うと仮定した場合に必要な総計に関しまして、減価補正は不動産の美味が下がる要素を加味することだ。
原価法で産出される見積もりは「積算料金」と言いますが、その積算料金は「再持続原価−減価額」という種類で求められます。
再持続原価には、大地を査定する場合は会得原価や造成対価など、住居を査定する場合は建築費などが当てはまります。
大地サービスの住居の場合は、ダブルの再持続原価を足すことになります。
また、減価補正の要因となる物には、外壁の退廃や壁紙の損壊といった「物理的要素」や、基盤沈下などの「ロジカル要素」、側地域の衰微や大量なモールの拡散といった「経済的要素」があります。